使い方について

チェーンの張り調整がうまくできない。

つまみAダイヤルBの操作方法を動画で確認できます。

張り調整、および刃の固定に使用する主な調整部位はつまみAダイヤルBになります。(一体化している黒いカバー部はガイドバーの固定には直接関係がありません。木屑の飛散を防ぐカバーとなります。)

つまみAは内側でガイドバーを押さえつける抑えのバーと連動しています。これを締め付けることで抑えのバーがガイドバーをしっかり押さえつけて固定します。この時、ガイドバーの位置を変える作用をするのがダイヤルBになります。ダイヤル Bがガイドバーの位置をずらすことによってチェーンの張り具合が変わります。
そのため、つまみAを締め切って完全にガイドバーを固定した状態ではダイヤルBでの張り調整ができません。抑えが緩すぎる状態でもまた、抑えのバーの溝がガイドバーに届かないため、位置を変えられません。

ダイヤルBはあくまでもガイドバーの位置を動かすだけのものです。チェーンを直接張ったり、緩めたりするのはガイドバーになります。詳しいやり方は参照URLより動画をご覧ください。