amazonセラーセントラルとベンダーセントラルのちがい〜詐欺に合わないamazon販売店の見極め方

Amazonでも販売をしている弊社ならではの、登録方法などお役立ち情報(?)を少しずつコラムで書いていきます。

まず、基本的なことなのによくわかってない人が多い

セラーセントラルとベンダセントラルの違いとか比較を走り書きしておきます。


【基本編】

セラーセントラル→amazonに出品している小売業者がネット上で使う管理システム

ベンダーセントラル→amazonに商品卸してる卸し業者がネット上で使う管理システム

※小売は最終消費者に商品売る業態。卸しは小売や問屋に商品を卸す大元。問屋は主に小売に商品流す仲介業態。ってわからない人は流通論の教科書読んでね。

すごくわかりやすく説明すると、ベンダーセントラルで登録されてamazonが売ってる商品は、



こういうふうにカードボックスに

amazon.co.jpが販売、発送します

と出てる。これは基本的にamazonが仕入れてamazonが販売している。弊社の製品でも、一度amazonに卸して、amazonが販売ている製品になる。これがいわゆるベンダーセントラルでの取り扱い製品。






逆にAmazon以外が販売してるやつは、例えば弊社の商品だと



こういう風に表示される。これはamazonは場所貸ししているだけで、直売してるわけではない。つまりセラーセントラルで各販売店が売っている製品。


このカードボックスに表示されている業者は、amazonがシステム上でもっともいいと判断した販売店(評価が高かったり、販売個数が多かったり、価格が安かったりする)になるため、たとえAmazonが同じ製品を仕入れて販売していても、amazonが表示されないこともある。



ちなみセラーセントラルで出品されていてもFBA(amazon倉庫納品)されているヤツは






【応用編】ここからは商材を持っている会社さん向けの内容になります。 セラーセントラルのメリット

参入障壁が低い価格のコントロールがしやすいFBAと自社納品が商品ごと選べて随時変えられるフルフィルメントを使えば別の業者の発送にも切り替え可能

セラーセントラルのデメリット

人員的コストが大変在庫リスクが高いのに機会損失もでかいFBAとかフルフィルとか手数料やら成約料やら、配送コストとかで利益計算難しい競合多くてカートボックス獲得に骨肉の争いに

ベンダーセントラルのメリット

もともと在庫もってる商品ならノーリスクで始められるAmazon様が買い取って下さる個別配送コストは無料で丸投げ価格や在庫管理もAmazonシステムに丸投げなんだかんだでカートボックス獲得しやすい

ベンダーセントラルのデメリット

結局、ロットが小さいからFBAと配送コストあまり変わらん広告費出さないとカタログ制作とかはやってくれない価格と在庫管理丸投げだからほとんどコントロールできないなんだかんだで広告費出さないと売れにくい仕組み契約内容とか社外秘だからこれ以上しゃべると刺される

最終的に言いたかったのは最後の方のグチです。

他にも、システムとか商品登録の方法とかがもうベンダーとセンターで根本的にちがうので運営させられる方はなんがかな〜です。 ベンダーセントラルの方がまだ日本向けにあんまし改善されてない感じです。

ちなみにカートボックスについては、Amazon側はあくまでも出店業者と同列で戦ってると言っています。しかし、結局、実績とか即納率とか価格とかで獲得できるかが決まって来るので、Amazonシステムで価格とか在庫コントロールしてるAmazon販売が強いことになる。

簡単に言うと、Amazonの土俵にいるからAmazonが強くなるのは当然じゃないか同輩たちよ

ということです

1,411回の閲覧0件のコメント

© 2014-2020 by aeroboxx Co.,Ltd 

​FOLLOW ME

  • Twitter Classic
  • c-youtube
  • Facebookの社会的なアイコン
  • アマゾンの社会のアイコン